Oct 25, 2015

リズム感がアップする方法


先日、久しぶりにカラオケに行きました。

昔、DTMで通信カラオケを作る仕事をしてましたが、自分ではあまり歌うことがなかったんですよね(笑)

久しぶりに行くととても楽しいものですね!

23423110_480x360

仕事で自宅で歌を録音するために歌うことはありますが、カラオケで人の曲を歌う機会が減ってまして、改めて気づいたことがあります。

 

リズムにどう乗っていくのか。

リズム感そのものの捉え方。

 

人が作曲した歌なので、歌い慣れていないとノリが合わなかったり、つかみどころがしっくりこないと感じるものですが

 

やっぱり体の使い方にあると感じました。

 

私はかつて、ボイストレーニングを習っていたこともあるのですが

自分が歌いやすいやすい、リズムが取りやすいと感じるのは

 

声帯や体全体の使い方が、上手くできている場合。

 

曲をよく覚えているとか、歌い慣れていることとは一致しないと感じます。

 

カラオケなので、人前ですし

なるべく上手に歌いたいところですので、つい音程を合わせることを優先しがちです。

 

ボイストレーナーの先生いわく

「音程を合わせることは後回しにして」

とアドバイスをもらったことを思い出しました。

 

体を(喉、声帯)上手く使えることが先

 

ということです。

音程は合ってる、合ってないことが分かっていれば

 

後でいくらでも、合わせる練習は可能だと個人的にも思います。

 

リズム感となると、もっと高く感度を上げていく要素も往々にありますが、

 

まず、フレシキブルに体(喉、声帯)が使えるのかという点も大きいです。

 

歌の場合ですと、喉や声帯にフォーカスされますが

ピアノや楽器の場合も、体の使い方に依存する部分が大きいです。

 

頭の中で感じ取れる、ノリやリズム感だけでなく

 

柔軟に体全体が動くのか

反応できるのか

 

こちらの方が、効果が大きいと思います。

 

となると、健康であることや体が柔軟であることも大切だと思います。

(体が柔らかいか、どうかということではないです 笑)

 

思った通りに体が動くのか(喉が反応できるのか)

 

音楽を離れて、スポーツ的に体の動きを観察してみること。

そして、普段からストレッチや軽い運動など、体を動かす習慣を持つことでリズム感の向上につながりますよ!

関連記事

Comment





Comment