Sep 23, 2015

WEBやSNSを使ったプロモーションの自撮りのススメ


今日でシルバーウィークも最終日ですね。良いお天気に恵まれて何よりです!

お出かけした方も、お家でゆっくり過ごされる方も多いと思います。

 

さて、個人で音楽活動をされている方、音楽以外の創作活動を行っている場合も、昨今はWEBやSNSを使ってプロモーションや、作品をアピールすることが主流になりました。

私自身も、インターネットを通じた音楽制作のお申し込みが非常に多いです。

 

音楽活動であれば、ライブやイベントを行っていても、口コミなどが起きないと、自分自身を知ってもらうキッカケが広がりません。

ご新規のファンを集めるためにも、WEBの力やSNSを有効活用することは大事だと思います。

 

私自身、実はインターネットを使って集客するための起業コンサルや、起業塾で学んだ経験もありますので、培ったノウハウもコラムでシェアしていきたいと思います。

 

個人事業主が学ぶ場の起業コンサル、起業塾で教えられることは、アーティスト活動、クリエイター活動を行っている人にも使えることが多いと感じました。

全てが当てはまるわけではありませんが、自分自身を表に出していくという点では、WEBやSNSは大いに活用できます。

 

細かなノウハウは、コンサルさんや、起業塾の先生のブログやWEBサイトがたくさん見つかりますので、ぜひネットで検索すると良いと思います。

 

私が、個人的に思うには、男性の先生が行う起業ノウハウより、女性の先生が女性の生徒さん(女性起業家、起業女子)向けに行うノウハウの方が、アーティスト活動を行う人には流用しやすい点が多いように感じます。

 

男性の先生の場合、SNSは利用対象としないと、教えている場合もありますしね。

細かな理由については、私も今後シェアしていきたいと思います。

 

 

女性の起業コンサルさんの教えで多いのが、

自撮りです(笑)

33487630_480x319

 

すでに行っている方も多いとは思いますが、やはりアーティスト、クリエイターは、自分が商品でもあります。

一般的な個人起業家以上に、自分自身を表に出して売るという意識は重要です。

 

ネットで集客する個人起業家の人は、お客さんも個人の方が多いのですね。

いわゆるBtoC(ビジネス to コンシューマー)。

 

売り手が企業の場合、ブランドや知名度という安心感があります。

個人起業家の場合、企業が持っているものから比べると、弱い点が目立ちます。その代わり、親しみやすさ等を感じてもらい、この人から買いたいと思ってもらえるよう、個人の写真や、人となりが伝わるような投稿をブログ、SNSで発信するのです。

 

一般の個人起業家は商品への補足、宣伝活動に近いですね。

 

アーティストは自分自身が商品になりますから、特に自分を発信することが大事になります。

クリエイターの自撮り写真については、アーティストほど必須ではありませんが、自分自身のセンス、感性を発信することは重要です。

 

ここで注意する必要があるのが、自撮りをすれば何でも良いわけではない点です。

 

自撮りの投稿や、大切なことについて。

長くなりましたので、次のコラムで続けたいと思います。

関連記事

Comment





Comment