Oct 25, 2014

月星座は私のプロデューサー


昨日はさそり座の新月でしたね。

最近、西洋占星術に興味を持ち始めて、少し勉強をしています。

ホロスコープを読んだり、勉強するのが息抜きになり、ちょっとした趣味になっています。

 

一般的に星座とか、星占いで言われているのは太陽星座のこと。

自分の誕生日に太陽がどの星座の方向にあったのかで、○○座だということです。

私の場合、太陽星座は獅子座です。

 

雑誌などに書かれている12星座占いは、ほとんど太陽星座のことを書かれているので、私なら獅子座の項目が該当します。

けど、人間を12通りに分けて運勢を語るのは無理があるんじゃない?

と、思う人も多いでしょう。私もそう思ってます(笑)

 

きちんとホロスコープを見るときは、太陽以外に他の天体がどの星座にあったのか等、細かく見ることができるので、12星座の占いには書ききれない詳細が個人レベルであるんですよね。

同じ日時に生まれても、生まれた場所によっても変わるし、双子でもない限り、自分自身と同じホロスコープを持っている人は天文学的数字の割合で、存在しないとされています。

IMG_20141025_083723

さてさて、そんな西洋占星術ですが、太陽星座の次に重要とも言われているのが月星座。

月星座については最近、話題になることも多いので、自分の月星座を知っている人もいるかと思います。

太陽星座は顕在意識や人生のテーマを、月星座は潜在意識や、自分自身で気づかない裏の顔などを表しているとも言われています。

 

私の月星座は水瓶座。

最近まで、獅子座の自分しか知りませんでした。だから水瓶座ってどんなタイプ?と、調べたり、気にするようになりました。

いろいろ、調べたりするうちに、なるほどーと思うことも。

 

獅子座らしい自分と、獅子座らしくない自分。

月星座 水瓶座の自分が無意識に作用しているみたいです。

 

獅子座は自己表現が人生のテーマみたいな性質です。

音楽を創ったり、自分のメディアをもったり、自分自身を表現していくことは私の人生にとって切り離せないことです。

 

一方、なぜか以前から、分析や研究が好きな私。

どうすれば物事がうまく進むのかなと、仮説を立てて実践、そして検証。

このサイクルを繰り返して、必要があれば修正を行い、また実践して検証して達成するまで続けます。

 

何をどうすれば良いのかを考えるのが得意。想いや目標を実現させるのも上手な方です(笑)

行動を起こすことに悩むこともあまりありません。

行動力があるわけでも、勇気があるわけでもないんです。

 

水面下で考えているから(笑)

この、考えること自体が好きだし、無意識にやっていることです。

一見、自己表現に関係のないことを得意にやってくれるのは水瓶座の自分。

 

『もっと、こうすると面白いよ!』

『上手く行かなければ、こっちの方法でやってみようか。』

『ここに抜け道があるよ!』

 

いつも困ったときに、私に指針を示してくれます。そして、創作して実践するのは獅子座の私。

水瓶座の私が作ってくれた土台や方向性、器に合わせて、獅子座の私がクリエイトする。

 

水瓶座の私はプロデューサーで、獅子座の私はクリエイターです。

とても良いコンビだと思います。

 

方法がなければ自分で作れば良い。

プランに合わせて、コンテンツを作る。

どちらもできるのは、獅子座×水瓶座の私だから。

表に立つのは獅子座の私だけど、支えているのは水瓶座の私だと思ってます。

 

ホロスコープを見ていると、自分ができることがよく分かります。

あなたの表の顔、そして裏の顔はどんなでしょうか?

 

Posted in 自己表現No Comments » 

関連記事

Comment





Comment