Oct 21, 2014

表現の場の選択


私は今まで、アメブロでブログを書いていました。

ブログ自体は、楽天ブログに続いてアメブロが2つ目。楽天の方は事情で、アカウントごと削除してしまったのですが。

今回、自分でWEBサイトを開設して、独自ドメインも取りました。

ドメインというのは、すごーく簡単に言うと、ホームページの名前だと思っていただいても良いかと。インターネットの世界での、住所や地名のような感じでもあります。

このWEBサイトは、アメブロのようにブログ形式で作ってあります。

なので、文章で更新することに向いている作りです。
今後、新しい音楽作品や、これまでのお仕事の作品なども掲載したいと思っています。

さて先日、アメブロの最後の更新を行いました。閉鎖はしなかったのですが、もうここで更新することはないかなと、改めて思いました。

今年に入って更新した記事の数はたったの3つ。

最後に、ブログ移転のお知らせ(このWEBサイト開設のご案内記事)の更新をしたのを除いて、たったの3記事です。

 

それでも、アメブロからもお仕事の依頼やお問合せも続いてまして。有り難いと同時に、よく機能してくれたブログだと思っています。

そんな働き者のアメブロなので、このWEBサイトと平行して、更新しても良いのかなと思いましたが、画面を眺めていて、ちょっともう違うかなと感じたのです。

 

アメブロはご存知、サイバーエージェントさんという企業が運営しているブログサービスです。

ですので、ブログ以外にも色んなコンテンツがあって、正直、目にもいろんな情報が飛び込んでくるし、日々ユーザーインターフェース(ボタンや基本デザイン等)も変化するし、私にとって感覚的に、美しい、心地良いと思えるビジュアル、情報発信ツールでなくなりました。

 

アメブロ削除問題であるとか、色々と言われていることもありますが、私の場合は、もう雰囲気が合わないのが、更新を止めた一番の理由でした。

管理画面を眺めているだけでも、書きたいことが浮かばないのです。

 

私はもともと、文章を書くのが好きで、自社サイトとも言えるこのWEBサイトも、ブログ形式を選んだのも、書きたいことがあるからでした。

なのに、アメブロの画面を見ていると、表現したい気持ちが薄れてしまうのですね。

 

場が合わない。

 

そういうことかも知れません。

世の中で言われている、マストな方法。

マーケティング的とか、ビジネス的であるとか、色々ありますが、それらに合致していても、表現する気持ち、創造する力が萎えてしまうのであれば、私にとって意味のないことなんです。

 

このサイトを開設してよかったなと思えるのは、余計なものが何もなくて、自分で見たいように表現できること。

インターネットの世界だけでなく、表現したいのに、うまくアウトプットできない場合は、表現の場、方法が自分に合ってないだけかも知れないですね。

みんなと同じ、誰かのオススメである前に、自分自身が心地良い場、方法を選択してみるのも良いかと思います。

Posted in 自己表現No Comments » 

関連記事

Comment





Comment