Oct 18, 2014

楽器を練習するということ


楽器の練習を日々続けることとは、時間も体力も必要なことだと思います。

始めたばかりの楽器の習得、新しい曲をレパートリーに追加するなど、どれも根気がいるようにも感じます。

 

『音楽は時間のかかるもの』

 

そういう風にも言われることもあります。

写真や動画などは、シャッターや再生ボタンを押すだけでも作品を生み出すことができますが、音楽を奏でたり、創ったりするには少し、トレーニングが必要かもしれません。

 

楽器練習を続けるにも工夫があり

音楽を創るのにも手順があります。

 

そう、音楽のレシピです。

 

ある料理研究家の方が言っていました。

料理のレシピは出版したり、公表するにあたり、誰でも再現できる範囲でしか、記述できないと。

 

調味料の分量だって、ほんとうは大さじ1杯じゃなくて、大さじ5分の4くらいで良いのかもしれません。

だけど、レシピを見た人が分かりやすく、再現性の高い方法となると、大さじ1杯の表記がベターということでしょうか。

 

レシピを見た人全てが、同じ素材、同じ調味料を使っていません。

産地も調味料のメーカーも異なります。

同じ手順、分量でも、味は千差万別。

 

私達の体も、感性も同じく千差万別。

 

自分の心とからだを使って、紡ぎだす音楽のレシピも、テンプレート通りじゃなくて良いと私は思っています。

いちばん美味しいと思う味も、楽しく続けられる楽器練習も、基本とオリジナル・レシピの両方が大切だと私は考えます。

 

私なりの、楽器練習が続く工夫や、オリジナル練習レシピもまた公開していきますね!

 

 

Posted in ピアノNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment